インフォメーション

「農の雇用事業」の募集を開始しました(農林水産省)

農林水産省では、農業法人等が就農希望者を新たに雇用し、営農に必要な農業技術や経営ノウハウ等を習得させるために実施する研修に対して支援を行う「農の雇用事業」を実施しております。

この度、事業実施主体である一般社団法人全国農業会議所(全国新規就農相談センター)において、令和2年8月からの研修を希望される方を対象として、令和2年5月7日(木曜日)から6月5日(金曜日)まで募集しております。

詳細は、こちらを御確認ください。

全国新規就農相談センター HP

 

(参考)農の雇用事業の種類

1.雇用就農者育成・独立支援タイプ

農業法人等が就農希望者を新たに雇用し、農業技術や経営ノウハウ等を習得させるために実施する研修に対する支援(年間最大120万円、最長2年間)※研修生が障害者、生活困窮者又は刑務所出身者(以下「多様な人材」という。)の場合、年間30万円を加算

 

2.新法人設立支援タイプ

農業法人等が新たな農業法人の設立を目指す者を雇用し、農業技術や法人設立に必要な経営ノウハウ等を習得させるために実施する研修に対する支援(年間最大120万円、最長4年間、ただし3年目以降は年間最大60万円)※研修生が多様な人材の場合、当初の2年間は年間30万円を加算