一般の方へのサービス

農業インターンシップ

≪体験申込をされる皆様へ≫

新型コロナウィルスの感染拡大を防止する観点から、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が取られている都道府県からの移動を伴う体験については極力控えていただく、または時期を変更する等の対応をお願いします。それ以外の地域においても、地域や受入先の状況によって体験できない場合もありますのでご了承ください。

体験実施の際は、感染防止策を徹底するとともに、ワクチン接種を完了した上での実施や、PCR検査を体験数日前に受け、陰性を確認した上での実施を推奨します。

令和3年度 農業インターンシップ

農業インターンシップは、学生・社会人の皆様が全国に約200ある農業法人等で短期間(2日以上6週間以内)で就業体験できる制度です。

日本農業法人協会では、1999年度から農林水産省の補助事業として、農業インターンシップを運営(受託)しております.

※令和3年度の農業インターンシップ事業を開始しました。体験を希望される方・受入先農業法人等は以下の資料を必ずご確認ください。

資料名 内容 対象者
令和3年度農業インターンシップ事業実施要領 事業実施にあたり取り決めている事項です。 体験者・受入先両方
農業インターンシップ体験受入ルールブック 体験開始時などに行うガイダンス(説明)時に使用し、関係者の皆様でルールを確認していただくためのものです。
農業インターンシップ体験のルール 体験者の皆様に体験に際して守っていただきたい注意点をまとめたものです。体験予定者は必ずご確認ください。 体験者向け
農業インターンシップ受入の留意点 受入れ先農業法人等の皆様に体験受入に際して留意していただきたい点をまとめたものです。体験受入先は登録時や体験受入前に必ずご確認ください。 受入れ先向け
令和3年度受入農業法人等登録票

word版PDF版

受入れ登録は年度ごとに行います。令和3年度の受入登録をご希望の受入れ先は入力の際にご利用ください。 受入れ先向け
令和3年6月2日実施 農業インターンシップ体験受入先向け事業説明会動画(受入先は必ず視聴してください)

資料ダウンロード 資料1,2  資料2-1~3合本0601(ページ)

お申込みはコチラから

体験が終了された方はコチラ

体験が終了された方は、体験終了後10日以内に体験報告書を作成し、事務局にお送りください。

様式は以下からダウンロードできます。

<送付先>

公益社団法人日本農業法人協会(農業インターンシップ事務局)

メール:intern@hojin.or.jp(@を小文字にしてください)

FAX:03-3237-6811

〒102-0084 東京都千代田区二番町9-8 中央労働基準協会ビル1F

※体験報告書は、メール・FAX・郵送のいずれかご都合のよい方法でお送りいただけます。

 

【重要】農業インターンシップを実施される皆様へ(新型コロナウィルス感染拡大防止対策について)

体験にあたっては、受入先・体験者双方で政府等の感染症予防対策や感染拡大防止のための新しい行動様式及び以下掲載のチラシを参考に感染リスクを避けた実施をしていただくようお願い申し上げます。

?ご確認ください【新型コロナウィルス感染症拡大防止のためしっかり対策を行いましょう】

https://hojin.or.jp/wp-content/uploads/35fb8cf06b82f31eb390bcb9c595faa6.pdf

ハラスメント相談窓口の設置について

農業インターンシップ体験期間中にハラスメント(パワハラ、セクハラなど)を受けた場合は、以下のハラスメント相談窓口に連絡・相談をしてください。

連絡・相談(苦情を含む)は電話、メールで受け付けます。一人で悩まずにご相談ください。
学生の方は、在籍する大学・高校の相談窓口にもご連絡ください。

(公社)日本農業法人協会 農業インターンシップ事務局

  • 電話:03-6268-9760
  • メール:intern@hojin.or.jp

受付時間 平日9:00~17:00

※メールを送付する際は、上記メールアドレスの@を小文字に変換してください。