インフォメーション

今冬の記録的豪雪被害の緊急要請実施について


公益社団法人日本農業法人協会(藤岡会長)は、平成26年2月19日(水)、農林水産省 奥原正明 経営局長に対し、「関東・甲信・東北地方等の記録的豪雪に関する緊急要請書」を提出し、早期の災害復旧・復興を図るように支援を求めました。
翌日(2月20日)には、政府(菅 官房長官、林 農林水産大臣等)へも同緊急要請書を提出し早急な支援を求めました。

(左から、農林水産省 奥原経営局長、藤岡会長:平成26年2月19日)

併せて、2月26日(水)には、与党(自由民主党・公明党)の国会議員と面談の上、被災地の現状や早急な支援の実施を求め、各議員からは、「復旧・復興に対して与党として全力で取り組む。より良い制度とするため、今後も現場の声を聞かせてほしい。」という言葉をいただきました。

(左から、自由民主党農林水産戦略調査会長 中谷元先生、三森理事、鈴木常務:平成26年2月26日)

 

(左から、三森理事、自由民主党農林部会長 齋藤健先生、藤岡会長、鈴木常務:平成26年2月26日)

〇緊急要請書

なお、農林水産省は2月24日(月)に第一弾の災害対策を公表し、さらに追加対策の検討が政府において進められている状況です。

〇農林水産省支援策

【掲載日:平成26年2月28日】