インフォメーション

  • HOME
  • > インフォメーション
  • > <プレスリリース>経済界と農業界の連携体制の構築-新たなプロジェクトの創出に向けて- 日本農業法人協会第33回総会・関係会合のご案内

<プレスリリース>経済界と農業界の連携体制の構築-新たなプロジェクトの創出に向けて- 日本農業法人協会第33回総会・関係会合のご案内


報道機関の皆様へ

経済界と農業界の連携体制の構築-新たなプロジェクトの創出に向けて-

日本農業法人協会第33回総会・関係会合のご案内

 

名目GDP600兆円の実現に向けて、攻めの農林水産業の展開が重要であり、経済界と農業界の連携が不可欠です。

日本農業法人協会と経団連は、経団連が立ち上げた「経済界と農業界の連携プラットフォーム」における協力・連携等を通じて、生産性向上、需要拡大等、農業の更なる成長産業化を目指します。

その第1弾として、日本農業法人協会の総会の機会を捉え、農業界に経済界の技術・ノウハウを紹介し、マッチングを促進するためのプレゼンテーション会および展示会(6月17日の第3分科会およびアグリサポート倶楽部交流会)を開催します。

日本農業法人協会と経団連の本格的なマッチングは、初の試みとなります。農業界と経済界の有する技術・サービス・情報が融合することで、新たな農業の可能性を切り拓くことが期待されます。

総会・夏季セミナーともに報道機関へ公開いたします(第1・2分科会は除きます)。取材を希望される方は、会場まで直接お越しください。事前申し込みは不要ですが、16日は受付にお立ち寄りください。ただし、会場の都合により、一部取材制限を設けさせていただきますので予めご了解ください。

 

1.日時  平成28年6月16日(木)13:00~17:30

    平成28年6月17日(金) 9:00~12:30

2.場所  TKPガーデンシティ竹橋

          東京都千代田区一ツ橋1-2-2(電話:03-5220-2630)

3.添付資料: (1)プログラム

                   (2)「経済界と農業界の連携プラットフォーム」概要資料

4.主催:日本農業法人協会

    協力:日本経済団体連合会(6月17日の関係会合のみ)

5.取材ご案内先:経済団体記者会、農政クラブ・農林記者会

6.取材要領:全席自由(関係者席を除く)、エリア制限なし

ただし、17日分科会は第3分科会のみ

 

【本件問合せ先】

日本農業法人協会  tel:03-6268-9500(担当:岸本)

経団連産業政策本部 tel:03-6741-0836(担当:森島)

プレスリリース資料(PDF:408KB)

【掲載日:平成28年6月14日】