インフォメーション

平成28年熊本地震の対応について


4月14日および16日に熊本県を中心に九州地方を襲った地震により多数の死傷者を出すとともに、農業関係において甚大な被害が発生し、発生から1週間が経つ今も9万人を超える方々が避難生活を強いられています。被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。

当協会としては、「自然災害等への当協会の対応について(要領)」(平成23年2月14日制定)に基づき、当面、以下の対応を進めることとします。

 

1 被害状況等の情報収集と政策要望の提出

県協会と連携して、熊本・大分等の会員の被害状況・要望等の情報収集を行うとともに、その結果を踏まえ、政策要望を提出します。

 

2 義援金の募集開始

会員に対し義援金の募集を開始しました。集まった義援金は、会員に被害のあった県協会を通じ被災地域の会員の支援にあてます。

募金方法 1口5,000円

実施期間 平成28年4月20日開始(当面2ヶ月間の実施とします)

 

3 相談窓口の設置

生活インフラの確保が図られた後、法人経営の復興支援に向け協会内に相談窓口を設置します。特に、資金相談については、農林中央金庫・日本政策金融公庫と連携して支援を実施します。

 

○事務局・窓口 (公社)日本農業法人協会  電話:03-6268-9500,FAX:03-3237-6811

  常務理事 藁谷(わらがい):全般に関すること

   総務課:義援金に関すること

 

更なる支援策について、会員の皆様からのご意見・ご提案を事務局までお寄せ頂ければ幸いです。

 

【平成28年4月21日掲載】